いよリーガル



事務所名司法書士事務所 いよリーガル
司法書士荒川  晃久
所属:愛媛県司法書士会 第578号
登録:簡裁訴訟代理関係業務認定 第601405号(H19.9.3認定)
住所〒790-0011 愛媛県松山市千舟町五丁目5番地3
EME松山千舟町ビル6階
電話番号0120-556-215(フリーダイヤル)
089-913-6008

愛媛・松山で”身近な街の法律家”として、ご相談者の利益を第一に考え、解決策のご提案を行っています。

債務整理や遺産相続、不動産登記などの個人に関する問題から会社設立の手続きなどの法人に関する問題までさまざまなご相談を承っております。

困ったときに安心してご相談していただける事務所作りを目指していきます。

基本的に利息も請求できる

四国中央市では、いくつかのカードローン会社や消費者金融などの支店がありますが四国中央市に住んでいる人が2006年より前にそれらの金融機関からお金を借りているとすれば過払い金請求ができる可能性があります。
そもそも過払い金とは何かといえば、お金を借りただけに金利を支払うことになりますがその時余分に支払った金利のことを意味しています。法律上は、現在100万円未満のお金仕掛かりない場合には20%以上の金利を付けてはいけない決まりになっているわけです。ですが、そのきめられた範囲よりも多く取ってしまった場合は過払い金として請求できるわけです。
また、利息が請求できるため非常に大きくなりますがこれはどのような意味かといえば四国中央市に住んでいる人が余分にお金を支払ってしまった場合、そのお金は本来消費者金融が持っていてはいけないお金になります。つまり、債務者からお金を借りている状態と変わりませんのでその分金利が発生するわけです。これを、過払い金金利などと呼んでおり5パーセントほどまでならば請求できるとしているのが特徴になります。
つまり、過払い金が発生している時からより多くの時間が経過している場合にはそれだけ多くの金利を手に入れることができ、最終的にたくさんのお金を手に入れることができるでしょう。

四国中央市で過払い金請求をする場合の相談先

四国中央市で過払い金の請求をする場合には、自分で解決しようと最もなかなか難しいものがあります。そうだとすればその悩み相談はどうしたらよいのか問題になりますが、基本的に弁護士などに依頼すれば解決してくれるでしょう。
お悩み相談に関しては、四国中央市の弁護士や司法書士にお願いするのが一般的になっています。自分で請求しても、実際には返済してくれる可能性は非常に低いためプロに任せる外はありません。せっかく請求できる機会があるのに、自分自身が請求してそのチャンスをつぶしてしまうとプロがお願いしてもなかなか結果が出ないことになります。
請求するときには、相手方は可能なかぎり支払いたくないことを頭に入れておきましょう。つまり、素人だと相手もわかっていればわざわざ全額支払うことはなくほんのわずかだけ支払って解決しようとします。その判断基準をすることができるのは、やはり弁護士や司法書士などのプロになるといえるでしょう。
そのため、多少お金がかかったとしてもお悩みを解決するためにはプロにお願いをするのが一番手っ取り早いです。もし依頼する場合には、過払い金請求を専門的に行っている事務所などに行き相談するのが一番になります。

PAGETOP
Copyright © いよリーガル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.