いよリーガル



事務所名司法書士事務所 いよリーガル
司法書士荒川  晃久
所属:愛媛県司法書士会 第578号
登録:簡裁訴訟代理関係業務認定 第601405号(H19.9.3認定)
住所〒790-0011 愛媛県松山市千舟町五丁目5番地3
EME松山千舟町ビル6階
電話番号0120-556-215(フリーダイヤル)
089-913-6008

愛媛・松山で”身近な街の法律家”として、ご相談者の利益を第一に考え、解決策のご提案を行っています。

債務整理や遺産相続、不動産登記などの個人に関する問題から会社設立の手続きなどの法人に関する問題までさまざまなご相談を承っております。

困ったときに安心してご相談していただける事務所作りを目指していきます。

なぜ今松山市で過払い金請求なのか

松山市は、愛媛県の中でも県庁所在地として知られています。松山城があることから城下町として知られているだけでなく、夏目漱石の坊ちゃんの土地としても知られているのが松山市の魅力になります。また温泉があることからも、松山市には多くの観光客が訪れているのが特徴です。そのような、全国的に有名な松山市にはたくさんの住人が住んでいますが、過去に消費者金融などから借金をしたことがある人も少なくないはずです。
松山市で過払い金請求が問題になりやすいのは、ずいぶんと前に借金をした人になります。依然18年からさかのぼれば、12年ほど前かそれ以上昔に消費者金融から借金をした人ならば、過払い金請求の対象になっている可能性があるわけです。このころ、現在の法律よりもより多くの金利をとろうとした消費者金融が多くいました。ですが、法律に決められた範囲よりもたくさんの金利をとってしまった消費者金融などは、法律に反することになりますのでその分債務者たちは過払い金請求をすることができるようになったわけです。多い人は、100万円以上も過払い金請求ができることになりますが自分ではどのようにしたらよいかわからないため解決に対してお悩み相談をしたいと考えている人も少なくありません。

過払い金のお悩み相談をして解決したいならば

過払い金請求をしたいけども、どのようにしたらよいのかわからない場合は専門家に依頼する必要があります。現状としては、可能な限り早く請求をしておくべきでしょう。なぜそのように急がせるかといえば、過払い金請求自体は時効消滅にかかるからです。過払い金が発生した時から10年間で請求できる権利が消滅してしまうため早い段階で請求しなければならなくなります。2006年が最終的に過払金が発生した時期になりますが、それより後は基本的に10年間が経過してしまっているため既に請求できる債権は消滅してしまっていると考えるべきでしょう。
ですが例外的に、途中で自分自身が請求してみた場合などは一度時効は中断しているため、まだ請求できる可能性は残されています。うまくいけば、100万円単位のお金を手に入れることができることもありますので一度弁護士などに相談してみるのがよいでしょう。
弁護士に相談する場合には、それぞれ担当分野があり過払金請求に強みを持っている人にお願いをするべきです。小さな法律事務所でも、十分な実績がある人は頼りがいがあるためそこにお願いするのが良いです。

まずは、松山市内でいくつかの法律事務所を探してみることが重要になります。

PAGETOP
Copyright © いよリーガル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.