いよリーガル



事務所名司法書士事務所 いよリーガル
司法書士荒川  晃久
所属:愛媛県司法書士会 第578号
登録:簡裁訴訟代理関係業務認定 第601405号(H19.9.3認定)
住所〒790-0011 愛媛県松山市千舟町五丁目5番地3
EME松山千舟町ビル6階
電話番号0120-556-215(フリーダイヤル)
089-913-6008

愛媛・松山で”身近な街の法律家”として、ご相談者の利益を第一に考え、解決策のご提案を行っています。

債務整理や遺産相続、不動産登記などの個人に関する問題から会社設立の手続きなどの法人に関する問題までさまざまなご相談を承っております。

困ったときに安心してご相談していただける事務所作りを目指していきます。

過払い金は予想外に請求できることがある

過払い金とは、お金を借りざる利用分に返済してしまった利息のことを意味します。基本的に伊予市でお金を借りる場合でも、2006年より前にカードローン会社や消費者金融などから借りたことがあるならば過払い金請求ができる可能性があるでしょう。
実際に伊予市で過払い金が発生している可能性がある場合、実際に計算してみても専門家に相談お願いするとそれ以上でたくさんの金が追求できる可能性もあります。

なぜかといえば、過払い金の利息と呼ばれるものがあるからです。この場合には伊予市の弁護士や司法書士などに相談をしてみると良いでしょう。

融資の弁護士や司法書士の場合には、お悩み相談に乗ってくれるだけでなく納得できるように解決してくれるはずです。

ただ、司法書士と弁護士では権限の範囲が異なり司法書士の方が\1400000までの過払い金しか請求できないのに対し、弁護士の場合はそれ以上の金額でも請求できる点において違いがあります。
よくわからない場合は、まず伊予市内にある法律事務所や司法書士事務所に相談してみるべきです。

時間が経過すればするほど、過払い金に対する利息がたくさんついているためより多く請求できる可能性があります。

そもそも本当にお得になるのか

よく、伊予市内のテレビコマーシャルでも過払い金がある場合には弁護士や司法書士に依頼した方がよいとの判断ができます。

なぜかといえば、弁護士や司法書士に払うお金よりも戻ってくるお金のほうが多いからです。

そこで、問題解決をしたいならば伊予市内の専門的に行っている法律事務所や司法書士事務所に依頼してみましょう。
基本的には、請求できる金額よりも司法書士や弁護士に支払わなければならない金額の方が多くなることはありません。たいていの場合は、請求できて手元に残るお金の25パーセントぐらいが士業と呼ばれる人に支払う成功報酬や着手金になるわけです。

とにかくお悩みを持っているならば、今すぐ請求した方がよいでしょう。
なぜ今すぐ請求しなければならないかといえば、10年間経過すると請求権が消滅してしまうからです。過払い金請求権は、債権と呼ばれているものでこれは法律上発生した時から10年以内に請求しなければならないものとされています。通常2006年より前に借りた場合の借金は過払金になっている可能性はありますが、途中で請求をしたりお金を支払ったりした場合には進行している事項が途中で中断してしまうことがあります。そうだとすれば、単純に2006年より前に借りたお金でも中断していることにより請求できる可能性があるわけです。

PAGETOP
Copyright © いよリーガル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.