いよリーガル



事務所名司法書士事務所 いよリーガル
司法書士荒川  晃久
所属:愛媛県司法書士会 第578号
登録:簡裁訴訟代理関係業務認定 第601405号(H19.9.3認定)
住所〒790-0011 愛媛県松山市千舟町五丁目5番地3
EME松山千舟町ビル6階
電話番号0120-556-215(フリーダイヤル)
089-913-6008
愛媛・松山で”身近な街の法律家”として、ご相談者の利益を第一に考え、解決策のご提案を行っています。債務整理や遺産相続、不動産登記などの個人に関する問題から会社設立の手続きなどの法人に関する問題までさまざまなご相談を承っております。困ったときに安心してご相談していただける事務所作りを目指していきます。

今治市で相続放棄の手続きをしたいなら

相続は法律によって定められている手続きなので、たとえその手続きを何も知らなかったとしても、時間の経過とともにどんどん進んでしまうという特徴があります。
したがって知らなかったでは済まされない問題です。相続する権利がある人と相続に必要な書類や手続きは、法律で明確に定められています。その法律を守らないで相続する人を変更してしまったり、被相続人の預貯金を無断で引き落としてしまうと後々相続する人の間でもめごとになってしまいます。

今治市で相続放棄に関するお悩みがあるなら、伊予鉄松山市駅から徒歩2分の場所にある司法書士事務所いよリーガルの愛媛あんしん相続相談所がおすすめです。

今治市にも司法書士事務所はありますが、この事務所は相続放棄に関するスペシャリストなどでぜひお任せ下さい。今治市で相続放棄をする場合は、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出しなければなりません。必要な書類は申立人の戸籍謄本及び被相続人の死亡記載です。他にも除籍謄本や住民票などが必要になります。

それ以外にも相続財産の概要が必要になるので固定資産評価証明書や通帳などがあれば提出する必要があります。家庭裁判所によって相続放棄が認められれば、残された借金の負担をする必要がなく相続問題を解決することができます。

今治市で遺産分割協議をスムーズに行いたいなら

今治市で相続放棄以外の相続に関する相談やお悩みがある場合でも、愛媛あんしん相続相談所が解決することができます。どのような問題を解決できるかというと、相続不動産の分割や遺言書の作成、遺産分割協議書が作成できない時の対応方法などです。

遺産分割協議書が作成できない時は、相続人の中に行方不明者がいたり意思能力がない人が含まれている場合です。また遺産分割協議書は相続人全員の合意を得ないと作成することができないので、相続人全員の合意が得られない時は、家庭裁判所で遺産分割調停もしくは審判の申立をして裁判所で遺産分割をしなければなりません。

当事務所ではこれらの手続き関係も得意としているので、このような遺産分割に関するお悩みがあるのであれば、ぜひご依頼願います。ちなみに行方不明者や意思能力がない方がいる場合でも、家庭裁判所に申し立てを行わなければなりません。行方不明者がいる場合は不在者財産管理人選任を申し立て、意思能力がない方がいる場合は後見人選任の申し立てをします。

このように不在者財産管理人や後見人を立てることによって、遺産協議をスムーズに進めることができます。これらの手続きに関しても当事務所が得意としていることなので、ぜひお任せ下さい。

 

PAGETOP
Copyright © いよリーガル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.