いよリーガル



事務所名司法書士事務所 いよリーガル
司法書士荒川  晃久
所属:愛媛県司法書士会 第578号
登録:簡裁訴訟代理関係業務認定 第601405号(H19.9.3認定)
住所〒790-0011 愛媛県松山市千舟町五丁目5番地3
EME松山千舟町ビル6階
電話番号0120-556-215(フリーダイヤル)
089-913-6008
愛媛・松山で”身近な街の法律家”として、ご相談者の利益を第一に考え、解決策のご提案を行っています。債務整理や遺産相続、不動産登記などの個人に関する問題から会社設立の手続きなどの法人に関する問題までさまざまなご相談を承っております。困ったときに安心してご相談していただける事務所作りを目指していきます。

遺言について知っておきたいことと愛媛県の支援体制

最近では相続税法が改正されたことによって、相続税の対象となる方が増えました。
それに伴い、相続ならぬ「争続」問題が多々起きています。
この問題は財産を残す側の方にとっても、残される親族にとっても不幸な問題です。

無用な争いを避けるための解決策として有効なのが遺言です。遺言は、ご自分の貴重な財産を愛する人・大切な人に残すために、ご自分が生きている間に行うことができる法的な手段です。
そして、ご自分の意志を書面に残すものが遺言書です。
こちらは財産の分け方や、財産を相続する人つまり相続人を指定することができますし、事業を営んでいる人であれば事業継承の道筋を示すのにも有効と言えるでしょう。

遺言書は、自分の意志を書面に残せると申し上げましたが、法律にのっとった形で記載しないと無効になってしまいます。
無効となってしまうものの一例としては、鉛筆で記載したものや財産すべてを記載していないものなどが挙げられます。

ご自分の意志を確実に伝え、かつ有効な手段とするためにも、専門家に相談することをおすすめします。
その点、愛媛県で遺言に関するお悩みを抱えている方は、アドバイスが得られる窓口が整っているため、安心して専門家に解決をゆだねることができます。

生前対策の効果と愛媛県の専門家に相談する利点

遺言書でできる生前対策の効果として第一に挙げられるのが、遺産の分割協議が不要になることです。
通常であれば、法定相続人による遺産分割協議を行い、相続人全員の合意を得てから遺産の分割作業に入ります。
ですが、相続人が多かったり血縁関係が複雑だったりすると、協議自体が進展せず、骨肉の争いに発展することも少なくないようです。

このような「争続」に発展させないようにするためにも、生前に自分の意志を法的な有効な仕方で表しておくことは大切と言えます。
そのためには、専門家への相談が有効ですが、幸い、愛媛県では遺言についての相談体制が整っていますから安心です。
さらなる効果としては、財産を自分の思い通りに分割できることにあります。
たとえば、ある特定の法定相続人に全財産を譲りたい、法定相続人以外の人にも財産を分与したいと言う場合は非常に有効です。
ですが、遺産には「遺留分」があり、相続人に一定の遺産を保障する仕組みがありますから、こちらも愛媛県の専門家のアドバイスを求めて作成した方が良いでしょう。

また、会社経営者であれば事業継承は深刻なお悩みの一つとなりますが、遺言書にて方針を明確にすることで自分の意志を受け継いでもらうことができます。

こちらも愛媛県の専門家のアドバイスを得て作成することで、周囲の納得が得やすくなるに違いありません。

 

PAGETOP
Copyright © いよリーガル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.